今週の美容室

今週の美容室『BOLLEY BOLLEY』様
b0171193_19531783.jpg

b0171193_19533550.jpg

b0171193_1953563.jpg

                           ハス(の実)・モンステラ(葉)S製作

8/29にぶつけられて、9/2に修理に出したスズキ・エブリイが、本日やっと修理を終えて帰ってきました。
・・・なんか左の側面だけが修理・交換されてピカピカしてて、右側面の細かい「普段キズ」がやけに目立つんですけど・・・。
あ、代車だったスバルのサンバーはあのあとすぐに慣れて、なんの不満もなくなりました。慣れってすごいね。しかも不満だと言っていた運転席の足元も、エブリイが帰ってきたのを見たら、大した変わりありませんでした。失礼しました。ただ、右足の後ろはやはり少し広いので、そちらのほうに左足を引いて休めることは出来ますが。

敬老の日は9/21(月)です。
お花を贈ることに決めている方は、早めに予約された方が良いお花・イメージにあったお花を確保できます。
母の日などでも同じですが、当日来店されたときには、もうあまり気に入るお花がなくなってしまっているかもしれませんので、一日でも早い予約をお勧めします。
by meLLflowers | 2009-09-17 20:29 | | Comments(19)
Commented by (^_^) at 2009-09-18 00:47 x
今晩は。
敬老の日。ね。
この日、自分の親に花を送ったら。
「まだ老人じゃない!」と言われるのだろうか(笑)

ふと。考えてしまいました。
電車やバスで、目の前の老人(?)とおぼしき人に、
席を譲るか否か?
ビミョー(^_^;)
ってのに似た感じ?
(いえ。似てないですね…)
つづく(笑)
Commented by (^_^) at 2009-09-18 00:49 x
つづき
えーと。
何を話すんだったっけ?f^_^;
(!)思い出しました(笑)
BOLLY BOLLYさんのお花です。(いつもキノコのボリボリを連想する私は、やはり変?(^^;)

蓮の実って。
秋の東京の不忍池で見た時は。
一面、蓮の枯れ野原で、寂寥感ありまくりでした。
でも、あら不思議!
meLLさんが活けた蓮の実は。
緑の葉があしらわれているとはいえ。
生き生きしてます☆
Commented by meLLflowers at 2009-09-18 01:05
◆(^_^) 様
・・・ちなみに『BOLLEY BOLLEY(ボレーボレー)』さんですので。Eが入ります。よろしくお願いいたしますね!
Commented by nature21-plus at 2009-09-18 01:17
バウハウスの色彩と、その初代校長だった「ヴァルター・グロピウス」の「一本の柱と「炉」があれば人は集う。そこは建築だ。」と言う名言が思われます。

モダンデザインですね。じつに素晴らしく彫刻的です。
Commented by (^_^) at 2009-09-18 13:31 x
◆meLLflowers様

こんにちは。
訂正ありがとうございます。
美容室の店名の由来って。いつも気になるんです。
調べてみました。

Bolley:フランス語
Volley:英語

英語だと
Volleyball(バレーボール)となりますが。

こちらの美容室さんのHPを検索してみました。
店名の由来までは見つけ出せませんでした(^^;

ちなみに。マンデイ・ミチルさん(秋吉敏子さんの娘さん)
札幌でライブがあるようですが。そのスポンサー?が
Bolly Bollyとありました。こちらの美容室さんでしょうか?
それではまたm(__)m
Commented by kaori8s at 2009-09-18 17:13
お疲れ様です!
活け込み、こちらで見られるので毎回楽しみにしてます。やっぱり市場で用途に合わせて自分で選んで買ってこれるのって最良ですよね!
お客様も嬉しいと思うし、気持ちよく活けてるな~って感じがします♪
いいですね~♪
Commented by meLLflowers at 2009-09-18 17:46
◆nature21-plus様
少し前にTVの『THE世界遺産』で『ベルリンのモダニズム集合住宅群』をとりあげていました。ヴァルター・グロピウスさんは、その設計や建築に当たった一人でもあるのですね。
勉強になるなあ。
うちのお店も、今年を乗り越えられたなら、来年は定休日を設けて、そういうことを吸収できる日をつくらないと。

ここの美容室さんだからこそ、こういう表現も受け入れてくださいます。
本当にありがたいことです。
「もっと華やかに!」「もっと派手に!」「もっと持(も)ちのいい花を!」「もっとボリュームを!」・・・確かにそれらは、場所によってや、毎回ではなくても、お花に課せられた大事な役目ではありますが、そればかりだと色んな可能性をつぶしてしまうことにもなりますしね。
こういう場所は本当にありがたいです。
Commented by nature21-plus at 2009-09-18 18:09
グロビウスと同時代のデザイナーにミース・ファン・デル・ローエという人がいます。日本では「バルセロナ・チェアー」のデザイナーといった方が通りが良いかもしれませんが、このミースに「バルセロナ・パビリオン」という建築があるのですが…。

昨夜、ゆっくり、今回の meLLflowers さんの作品に見入っていて、このパビリオンに置かれていたら凄いだろうなと感じていました。(笑)

ともあれ、しばらくわたしのパソコンの壁紙に拝借します。。(笑)

美しい緊張がとても素敵です。
Commented by meLLflowers at 2009-09-18 18:18
◆(^_^)様
意味は・・・自分も知りません(笑)
MONDAY 満ちるさんについては、数年前の『BOLLEY BOLLEY』様のブログに、札幌でのイベントを他のお店と一緒にされたことが出ているので、もしかしたらそうかもしれないですね。
その数年前のときはライブ前に『BOLLEY BOLLEY』様でヘアメイクをされている様子も出ていますよ。http://bolley.blog81.fc2.com/?q=%CB%FE%A4%C1%A4%EB
Commented by veronica-t at 2009-09-18 18:20
こんにちは。
やはり・・。いえ、以前は美容室で仕事をしていましたので、この花が、お客様からどう見えるか気になってました。
meLLflowers様も、そしてBOLLEY BOLLEY様も、美容室に来られたお客様のことを大切に考えておられるな・・と、それが今回の写真でよくわかりました。

私が美容師で一番大切にしてきたのシャンプーです。訪問美容では尚更ですが・・まだまだ理解していただける方は少ないですが、少しずつ大切さに気づいていただいています。
シャンプーは、お客様が心から気持ち良いとか、心地良いと感じていただける時間です。その心地良い時間から現実にかえるのは、シャンプーの椅子を起こした瞬間だと思っています。目をあけた時、そこにこの素晴らしい花が、しかも定期的に変えられてあるなんて・・凄いです!ちょっと感激・・。
なんだか嬉しくて、長々コメントいたしました。
Commented by meLLflowers at 2009-09-18 18:40
◆kaori8s様
どうも!おつかれさまです(笑)!
「気持ちよく活けてるな~って感じ」←これ、ほんとに大事だよね。うん。
しかめっ面して活けてたら、花もしおれてしまいそう。
伸びやかに、しなやかに、楽しく・・・良くも悪くも、その人の手から表現されたものは気持ちを映し出してしまうからね。
でも市場では、きっと「しかめっ面」してますけどね。
楽しく活けたくなるような花が入ってくればすんなり選べるけれど、大抵は「わーっ!なんもない!どーしよおっ!」って感じです(笑)
Commented by (^_^) at 2009-09-18 18:43 x
◆meLL flowers様

PC入力でも、操作ミスで入力した文章が吹っ飛ぶのですね(号泣)
気を取り直しまして・・・。

こんばんは。
MONDAY 満ちるさんのライブイベントの様子。拝見いたしました。
ありがとうございます。
関係者の皆さん。とても楽しそうですね(^_^)V

CLUB MOLEさん。石野卓球さんのライブの時。
行きたかったのですが、スタートが23時・・・(^^;
無理です!(ToT)

こちらのクラブぅ↑(笑) 対象年齢層が若いそうで・・・
札幌にもう一箇所、対象年齢層が高めのクラブがあるそうです。^^;
そちらには行ってみたいと思っています。
Commented by meLLflowers at 2009-09-18 19:04
◆veronica-t様
なるほど!さすがに見るところが違います。
今回はいつもとは反対側からも撮ったんです。いつもの方向だとハスの上の部分の造形が壁の木目に埋もれてわかりづらくなってしまうので、白いバックを選んだのですが、そう そちらにはシャンプー台が確かにあります。
特に訪問美容を受けられるお客様の場合、シャンプーの気持ち良さは、本当に格別のものだろうと思います。そのために機材を試行錯誤して工夫されて(持ち運びもなかなか大変でしょう!)いる姿。
花屋も美容師も、お客様が喜んでいただける顔が間近で見られる仕事ですね。そしてそれが力を与えてくれますよね!
Commented by meLLflowers at 2009-09-18 19:26
◆nature21-plus様
『バルセロナ・パビリオン』
今、軽くですがネットで見てみました。
おお・・・・・。
「美しい緊張」
もう、まさに「この上もない」言葉です。
Commented by nature21-plus at 2009-09-19 11:07
マルセル・ブロイヤーの「ワシリー・チェアー」に座って、この「美しい緊張」を楽しみながら、ゆっくりお茶の時間をさせていただいております。(「バルセロナ・チェアー」は高くてとても手が出ません!。)

なんとも、これは「究極の贅沢」です!!。(笑)
Commented by meLLflowers at 2009-09-20 10:33
◆nature21-plus様
「バルセロナ・チェアー」「ワシリー・チェアー」ともに写真などで良く目にしていましたが、あらためて見ると・・・「いいなあ・・・」(笑)
大阪の「TRUCK」http://www.truck-furniture.co.jp/の家具も好きです。
Commented by nature21-plus at 2009-09-20 13:57
思想的なベースに「アリス・ファーム」の藤門 弘さんなどの影響を感じさせます。で、木工関係は、(http://www.truck-furniture.co.jp/furniture/select/zoom/furrowedsofa/index.html)などをみると、ハンス・J・ヴェグナーやアルバー・アールトなど、北欧の巨匠たちのディティールを取り入れようとする姿勢がとても素敵に感じますが、せっかくですから、できたら(http://nature21.exblog.jp/10745791/)のような、雑誌や写真データーなどによらない体験の機会をもたれてたら、さらに良いのかなと…。

また、(http://www.truck-furniture.co.jp/furniture/select/zoom/hrsofa/index.html)などを見ていると「ミッド・センチュリー」などと言う言葉や「ジョージ・中島」と言った名前が、ごちゃ交ぜに脳裏に浮かびます。ディスプレーされている店舗の壁面のディテールにも感じるのです。どこかで見たようななにかを…。
Commented by nature21-plus at 2009-09-20 13:59
続き

ともあれ、すみませんが、ここに今回の meLLflowers さんの「美しい緊張」を置いて欲しくありません。(笑)

ちなみに、わたしが、 meLLflowers さんの「ワイヤー」を焚き火小屋に置こうとしたのは、先般の文中に記した「飾り棚」に理由があります。すこし、強引に言えば、この棚は、棚というよりも「バルセロナ・パビリオン」のディテールや空間の構成要素を圧縮・凝縮したキュービクルのようにデザインしたものです。これが、土の荒壁から飛び出すように取り付けてあります。アルミのように塗装したスチールとマホガニーの棚板と、ガラスも入れない空隙の透明感ですべてが構成されます

こうしたすこし緊張する構成が「ワイヤー」に受けた「ギリギリまで不純物をそぎながら、にもかかわらず、柔らかさや穏やかで優しいフォルムの心地よさを失わないデザイン」の凄さを際立たせるのではないかと考えたからです。

ちなみに、すべてが自己満足ですが…。(笑)

ともあれ、このお店の作品のすべてが「誰かとともにいる穏やかで清楚な美しいシーン」を感じさせてくれますが…。
Commented by meLLflowers at 2009-09-20 14:58
◆nature21-plus様
わはは!
俺、「誰かとともにいる穏やかで清楚な美しいシーン」に飢えているんだと思います(笑)!

究極に自己を満足させられれば、
それこそ「神でもいい」←(うちのPCでは、こう出ました(笑))ですね。