本日、結婚される方へのお届けで、ご注文に来られたのは新婦さんでしたが「両親贈呈用の花が花束だと見られる期間が短いのと、両親が園芸好きなので、鉢物をいくつかカゴに寄せたもの(寄せ鉢)で」とのことでつくったのが下の写真です。
「ご両親贈呈は花束」と決まっているわけではないので、こういう発想は楽しいですね。
b0171193_16565453.jpg

                                  ↑S製作

次は、娘さんから親御さんへのお誕生日花束。「落ち着いた感じで」とのこと。
バラの「エクストリーム」と「アジサイ」の色合いがグッときます。
b0171193_1712086.jpg

                                  ↑Mさん製作


次は、退院された方へのご自宅お届けで、お見舞いの花束。
おしゃれな方なので、1種か2種でセンス良くとのこと。
黄色い「カラー」と「バショウの葉」の2種で。
b0171193_1745665.jpg

                                   ↑S製作
     

次は、米寿を迎えられるお母様へのお誕生日アレンジメント。
少し強めの色合いでのご希望でした。
b0171193_1775885.jpg

                                   ↑Mさん製作


お花が色んな場面で寄り添います。
贈る方・贈られる方の気持ちをイメージするためにも、ご注文の際には色々聞かせてくださいね。
# by meLLflowers | 2009-09-20 17:37 | | Comments(13)
今週の美容室『BOLLEY BOLLEY』様
b0171193_19531783.jpg

b0171193_19533550.jpg

b0171193_1953563.jpg

                           ハス(の実)・モンステラ(葉)S製作

8/29にぶつけられて、9/2に修理に出したスズキ・エブリイが、本日やっと修理を終えて帰ってきました。
・・・なんか左の側面だけが修理・交換されてピカピカしてて、右側面の細かい「普段キズ」がやけに目立つんですけど・・・。
あ、代車だったスバルのサンバーはあのあとすぐに慣れて、なんの不満もなくなりました。慣れってすごいね。しかも不満だと言っていた運転席の足元も、エブリイが帰ってきたのを見たら、大した変わりありませんでした。失礼しました。ただ、右足の後ろはやはり少し広いので、そちらのほうに左足を引いて休めることは出来ますが。

敬老の日は9/21(月)です。
お花を贈ることに決めている方は、早めに予約された方が良いお花・イメージにあったお花を確保できます。
母の日などでも同じですが、当日来店されたときには、もうあまり気に入るお花がなくなってしまっているかもしれませんので、一日でも早い予約をお勧めします。
# by meLLflowers | 2009-09-17 20:29 | | Comments(19)
さて、このグルグルは何に使うでしょう?
b0171193_1556417.jpg

使う場所は、本日から週に一度お花を飾らせていただく『はらだクリニック』様です。
高さのあまりない、横に長~い窓のところにお花を飾りたいとのことで、諸々の条件内で効果的に見せるためにはどんな器を使えばいいのか、資材屋さんをまわってみましたがなかなか「これだ!」というものがありません。
でも資材屋さんにワイヤーと試験管を使った花器があったので、それをヒントにワイヤーと試験管でつくってみようということで、ワイヤーを適当なボトルにグルグルグルグル巻きつけて押し出してはずし、またグルグルグルグル巻きつけてを繰り返し、長~いグルグルをつくります。そいつに、今回はプラスチック製の試験管を差し込んで。
b0171193_16123950.jpg

そしてお花は秋らしくコスモス。
コスモスのみでも綺麗ですが、今回は『フトイ』という植物も使いました。
b0171193_1620260.jpg

b0171193_16203371.jpg

b0171193_16205452.jpg

                                                                   S製作
b0171193_20314767.jpg

                                                           S製作


本日開店のたいやき屋さんにお届けしたアートフラワー(造花)によるリースです。
一部『アナベル』というアジサイの生花のドライフラワーは使用していますが、他はアートフラワーです。
しっかり見ると、やはり作り物だとわかりますが、入れ方や使い方によって相当「ごまかせて」いるのではないでしょうか(笑)
造花を本物らしくつくる技術も進歩していますが、最後の使い方や見せ方次第で、それらしくなったり「やってしまったね」という結果に分かれてしまうと思います。
今回は『美味しそう』に見えるように意識しました。
『美味しそう』ですかね?

b0171193_20464099.jpg

                                                               Mさん製作


入院中の方へのお見舞いアレンジメントです。↑
やっぱり本物のお花・・・パワーあります(笑)

今回から製作者名入れてみました。女性スタッフMさんと、男性の俺Sとの違いや共通点など見てみてくださいね。
# by meLLflowers | 2009-09-11 21:09 | | Comments(8)

札幌の今朝の空
b0171193_15572756.jpg

b0171193_15582397.jpg

b0171193_15584345.jpg

b0171193_15591999.jpg


今週の美容室『BOLLEY BOLLEY』様↓
b0171193_15594694.jpg


b0171193_161297.jpg

# by meLLflowers | 2009-09-08 16:05 | 自然 | Comments(8)
写真は先日開院した耳鼻いんこう科の病院へ、そこを設計された会社(いつもお世話になってます!)からのお祝いで、玄関に飾るお花です。結構大きいので、現地での花活け(活け込みといいます)です。
b0171193_13201630.jpg

病院、特に耳鼻いんこう科となるとアレルギーのこととかもありますので、花選びには気を使います。
しかし、やはり自然のものですから、一般的にはアレルギー反応が出にくいはずだと思っているお花でも、万人に対して大丈夫とは言い切れないですからね。
そして華やかさインパクトもありながら、花もちの良いもので・・・考えすぎるとわからなくなってきますよね(笑)

昨日やっと、先日ぶつけられた車を修理に出せました。
ちなみに車の状態は、こんな感じです。
b0171193_13314233.jpg

ちょっとわかりずらいかもしれませんね。

部品の関係にもよりますが、2週間から20日くらいはかかるとのこと。

用意された代車はレンタカーですが、スバルのサンバー・ディアスというワンボックス車です。
ま、操作感などはメーカー・車種・グレード・個体差などで違うので、この車はこんな感じなのだろうと思って慣れればいいのですが、なんとも乗り降りがしずらいんだよね。
で、何でだろう?と思ってスズキのエブリイと写真を比較してみたら、前輪の位置の違いなんだね。
エブリイの前輪は本当に車体の先端のほうについていて、ほぼ乗り降りの際に影響を与えない位置にあるんだね。
対してサンバーは、ちょうど前輪の上に前席が乗っかっているような位置関係なので、もろに影響があるんだね。特に事業用に使用するようなこういう車は乗り降りも頻繁にするし、その違いは大きいかもしれないな。

そしてオートマチック車の場合、左足がほぼ遊んでいるので、長い時間運転していると同じ位置に足を置いているのは疲れるので後ろ側に引いて足の位置をずらそうとすると、座席の下はタイヤハウスなので足がコツンとぶつかってしまって後ろに引けず、また同じ位置に戻すことになる。つまり、あまり左足を動かせない。 (注:後日エブリイが戻ってきたら、運転席の足元の部分の形状はあまり違いがありませんでした。失礼いたしました。ただエブリイのほうが右足の後ろは少し広いので、左足をそちらに引いて休めることは出来ますが。そして、他の部分もすぐに慣れてしまいました)
おそらく両者に利点や欠点があるのだろうから、その部分だけを取り出して比較しちゃいけないのかもしれないけれど。
今WEBで現行車を比較してみたら、前輪に関してはスズキ・ダイハツ・三菱・ホンダは同様の形で、スバルだけがその位置のようです。
全員同じ形にならなきゃいけないわけではないし、そうあることでの利点もきっとあるのでしょう。

でも・・・早く修理終わらないかな?

それにしても、この先この車を売却したり下取りしてもらう時に、こちらは『事故車』として修理歴があることで価値が下がりますよね。これって何か事故の保障の中に組み込めないんですかね・・・難しいか。
いつもGoogleで検索しているので、何かの記念日などではGoogleのロゴのところがそれに応じてデザインが変わりますよね。ちなみに今日は『衆議院選挙の投票日』で候補者の名前を記帳する場所のデザインになってます。

何日か前の8月27日は『宮沢賢治の誕生日』として、銀河鉄道のデザインでした。
宮沢賢治さんは1896年に生まれていますから生きていれば113歳です。
しかし亡くなられたのは1933年9月21日。37歳、急性肺炎。
ま、生涯などは便利なWikipediaを参照していただいて。
b0171193_2002151.jpg

俺はなぜか、この『虔十公園林(けんじゅうこうえんりん)』という作品だけ泣いてしまうのです。
今回また読んでみたら、前に泣いたところとは違うところで泣きました。
おそらく、そんなに感動的な話ではないと思います。
でも自分の中の何かに反応して、勝手に涙が出てきます。

先日テレビ番組の『オーラの泉』に倉本聰さんが出るとの事で録画して見ました。
その中で倉本さんが子供の頃、お父さんに宮沢賢治を音読するように言われたこと、意味なんかわかんなくてもいいから、文章に韻があるからとにかく読めと言われたこと。
そして現在、倉本さんが富良野で放棄されたゴルフ場を森に戻す活動をしていること。

『虔十公園林』の冒頭部分を引用すると
 「虔十はいつも縄の帯をしめて、わらって森の中や畑の間をゆっくり歩いているのでした。
 雨の中の青い藪をみては、よろこんで目をパチパチさせ、青空をどこまでも翔けてゆく鷹を見つけては、はねあがって手をたたいてみんなに知らせました。
 けれども、あんまり子供らが虔十をばかにして笑うものですから、虔十はだんだん笑わないふりをするようになりました。
 風がどうと吹いて、ぶなの葉がチラチラ光るときなどは、虔十はもううれしくてうれしくて、ひとりでに笑えてしかたないのを、むりやり大きく口をあき、はあはあ息だけついてごまかしながら、いつまでもいつまでも、そのぶなの木を見あげて立っているのでした。
 ときにはその大きくあいた口の横わきを、さもかゆいようなふりをして、指でこすりながら、はあはあ息だけで笑いました。
 なるほど遠くから見ると、虔十は口の横わきをかいているか、あるいはあくびでもしているかのように見えましたが、近くではもちろん笑っている息の音も聞こえましたし、くちびるがピクピク動いているのもわかりましたから、子供らはやっぱりそれもばかにして笑いました。」
つづきは本で読んでね。岩波文庫の『童話集 風の又三郎 他十八篇』に入ってます。
WEBでも読めるけど、なんかやっぱりちょっと苦手ですね。

先日お届けした開店のお祝いアレンジメント↓
b0171193_2036447.jpg


こちらは奥様の誕生日祝いの花束↓
b0171193_20371023.jpg

今日は苫小牧市のホテルニドムで結婚式をされる方にお花をお届けしました。
・・・あ、今回はもろもろの条件がクリア出来たので直接お届けしましたが、状況によっては難しいことも多いと思います。でもお気軽にご相談くださいね。
札幌から向かうと、空港のある千歳から少し行ったところです。
b0171193_18404824.jpg

天気は、雲の姿もさわやかな晴れでした。
b0171193_184389.jpg

お届けした花束3種です↓
b0171193_18441498.jpg

大きさは違いますが、
b0171193_18455777.jpg

どれも素敵です。
b0171193_18462649.jpg


さて、題の『もらい事故』とは?
苫小牧に向かうため店を出て車を10分程走らせました。
そして信号待ちで停車していました。
片側2車線の歩道側の車線です。
すると、すぐ後ろに停車中の車が、いきなり歩道の縁石を乗り越えて歩道上に乗り上げる姿がルームミラー越しに見えました。
その車は四輪駆動車で太いタイヤもはいているし、車高も高くオフロードもバンバン行ける外国製の車です。
歩道の縁石なんかは楽々乗り越えます。
一瞬「何?」と思ったけれど、前方の信号が気になり信号に目を移すとすぐ、車体左側から揺さぶられたので左を見ると、さっきの車の(乗って)右前方の角が、こちらの車の(乗って)左側面を後ろの方から擦りながら移動し、最後は私の助手席側のドアに相手の車の角が刺さる状態で止まりました。
まず思ったのは。
「これから苫小牧まで配達なんだけど・・・す、すんなり行けるのか?」

車を左に寄せて、相手が無事降りてくるのを待って「まず、警察に電話しますね」と相手の顔を見るが、あまり明確な反応はない。「ん?」動転してる?
相手の男性は30~40代。
ゴツイ車で強引な感じの運転操作(に感じた)のわりには意外と細身の人で、白と茶のキャップをかぶっている。
一呼吸待つがモゴモゴしてるので、構わず110番。
場所や状況を知らせて、パトカーが来るのを待つ間、名前・住所・電話番号などを書いてもらう。
でも書いたのを見ると、名字しか書いてないし、住所も書いていない。指摘すると名前は書いたけど、住所と言ったのに書いたのは自宅のものらしい電話番号(最初に書いたのは携帯電話番号=後で数字が1つ違っていたのが分かった)。
書いてもらった字も、イチイチ確認をしなければ正確な判読が難しい。
まず、「何をしようとしたんですか?」と聞くと、
「人を迎えに来たんだけど、歩道に乗り上げて待とうと思った」というようなことを言った。
良くは分からんが、とにかくその時明らかにお酒のにおいがプンプンしているのは分かった。
「お酒飲んでらっしゃいますよね。」
「・・・はい。」
「・・・そうなんですね・・・とりあえず、後のことは警察が来てからにしましょう。」
「・・・あの・・・お金だけで、・・・示談とかにしてもらうわけにはいかないですか?」
「(え~っ?)・・・いやあ、・・・お酒飲んでますしね・・・」
「でも警察来たら捕まっちゃいますよね。」
「(あちゃ~、そうきたか)・・・あのね。今回このくらいの事故ですんで、けが人も出ないで良かったけど、これでもし怪我とか亡くなる人がいたらどうします?今回このくらいですんで大した大事にもならなかったからって思ったら、またお酒飲んで運転して今度は大きな事故につながるかもしれないですよね。
このくらいですんだ時に、一度ちゃんと胸に刻みつけたほうがいいんじゃないですか?だめなことなんだって。こっちもそんな偉そうなこと言える人間じゃないですけど。」
「・・・そうですね。そうかもしれないですね。」

あ、配達は無事完了しましたよ。

それにしても俺は40歳になった現在まで、(18歳から車に乗り始めて)今回含めて4回も0対10の過失で車に車をぶつけられているんです。これって多い?
そのうちの一回は10年ほど前に、こちらも相手の車も走行中に、対向車がこちらの車線にはみ出してきて、こちらの右前部に突っ込んできて、こちらの車は走行不能(ハンドルとタイヤをつなぐシャフトが折れて操作不能)全損扱いです。しかも10年ほど乗った車だったので、同等の中古車が買える程の金額しか出ないと言われ30万円ほど(最終的には35万円)しか出ず、そんな金額の中古車を買ったって先は長くないだろうし、それを頭金にして新古車を購入することに・・・。

・・・もう勘弁してくださいね(笑)
でも怪我だけはしていないので、本当は強運の持ち主?
明日もがんばろう。
でも風とか、秋を十分に含んでいるのわかりますね。

本日の美容室『BOLLEY BOLLEY』様の活け込み↓
b0171193_19195167.jpg



ご出産されたお母様にお祝いの花束↓
b0171193_19212717.jpg



勝手に『路地シリーズ』夏の坂道編↓
b0171193_19224728.jpg

# by meLLflowers | 2009-08-25 19:24 | | Comments(5)
今日、札幌のおとなりの北広島市に行く用事がありました。
その時通った道が、おそらく初めて通った道でした。
この年齢になって、札幌近辺で初めて通る道はすごく新鮮でうれしかった。
b0171193_18551095.jpg



↓本日お届けの、お供えアレンジメント。
b0171193_1856446.jpg

うれしい気持ちに寄り添って、悲しい気持ちをやわらげる。

花のチカラって結構すごいんです。